スミ利のブログ

滋賀で文具店を営む藤井のブログ。文具のこと、仕事のこと、趣味のこと・・・色々と書いてます。

プラチナ#3776春暁 入荷しました!

プラチナ万年筆さんの限定万年筆「#3776センチュリー春暁」がスミ利にも入荷いたしました!
今回は一先ず「細軟」のみ入荷し、細字や中字などはまた後日の入荷となる状況です。
プラチナ#3776センチュリー春暁 スミ利
実物を楽しみにしておりましたが、想像以上に良い出来上がり!個性的ながら、老若男女問わずご愛用いただける1本です。

世界限定3,776本、お値段は定価¥25,000+税となります。
ペン先は、細字、細軟、中字からお選びいただけます(太字と極太は今回入荷ございません)、是非スミ利にご相談下さいませ。
※限定品の為、ご希望のペン種がご用意できない場合がございます。先ずはお気軽にご相談下さいませ。

#3776センチュリー春暁について詳しくは、以下のスミ利文具店ホームページをご確認下さい。
#3776センチュリー春暁のページ(スミ利文具店)
  1. 2017/07/06(木) 16:30:39|
  2. 文具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

#3776春暁(しゅんぎょう) プラチナ富士旬景シリーズ

プラチナ万年筆さんの限定万年筆「富士旬景シリーズ」第一弾、#3776春暁(しゅんぎょう)の入荷が確定しました!

今回、入荷するペン種ですが、細字、細軟、中字・・・のみとなります。スミ利では太字、極太については、今回は入荷ございませんので、ご容赦下さいませ。 その代わり!?人気の細軟をちょっとだけ多めに確保できました!  入荷については、初回の7月1日発売分には間に合わなかったので、7月4日以降出荷分での入荷になる見込みです。

本日以降、ご注文を受付させていただきますので、気になる方は是非お早めにご相談下さいませ。  ただし、限定生産品で在庫限りの販売となる為、タイミングによってはご希望のペン種をご用意できず完売となる可能性もございますので、何卒ご容赦下さいませ。  ※お問合せいただきました順にご返答、お見積りさせていただきます。

一応、スミ利のホームページにて、#3776春暁のご紹介ページを作ろうと思っているのですが、何しろ商品が入荷しないと写真も撮れませんので、もう少しお待ち下さいませ。

今回の春暁、かなり綺麗な万年筆に仕上がったらしいので、今から入荷が楽しみです!
  1. 2017/06/29(木) 14:37:14|
  2. 文具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

伊庭内湖外来魚駆除釣り大会

昨日は、ヨシでびわ湖を守るネットワークからお誘いいただいて、「伊庭内湖外来魚駆除釣り大会」に参加してきました。 開催時期がびわ湖トライアスロンin近江八幡と被るので、ここ2年ほど参加できていませんでしたが、今年は日程が上手い具合にずれており、久々の参加となりました。

前日から天気予報を注視し、「ほぼ確実に雨」=「中止やな。これは」と思っていたので、当日の朝に電話サービスで「予定通り行います・・・」と聞いて、慌てて道具等の準備をした次第(汗)。

いつ降り出してもおかしくない天気(いや、ちょっと降ってるし・・・)。 これは参加者少ないやろな・・・と思いながら、ヨシ刈り等、スミ利の助っ人として毎回お願いしている友人1名を拉致し、会場に向かいました。

「なんやこの天気は。けっ」と毒づく友人をおだてたり、すかしたり。 「取り合えず受付だけしといて、雨酷くなったらコソット帰ったろか」等と、ブツブツ言いながら道具も持たずに受付まで歩き始めた直後、(株)コクヨ工業滋賀の社長ご夫婦と遭遇(汗)。 今の聞かれたかな!?(笑)

会場に着くと、予想に反して人が大勢集まっており、びっくり! 主催者公表で330名もの参加者があった様です。団体で参加されてる企業さんも多く、ヨシでびわ湖を守るネットワーク関係の企業、団体だけでも約170名も!勤務先のエコ活動と、家族サービスも含めての参加の様です。お子さんも多く、賑やかでした。   受付後、開会挨拶を待つ間にも、しょぼしょぼと雨が降り出して、テンションダダ下がりでしたが、いよいよ釣り開始!という時間になると奇跡的に!?天気が持ち直し、釣りには最適の曇天に。

参加者が続々と釣り場に向かい、竿を振る横で、道具を車に置きっ放しにしていた、我らスミ利の不良参加者2名。道具を持って釣り場に戻ってみると、どこも既に人だらけで釣りをする場所が無い(汗)。 完全に出遅れ。 とぼとぼ歩いてどうにか会場の隅に良い場所を見つけて竿を出したところ、ここがなかなかのポイントだったらしく、ブルーギルが入れ食いに! サイズも意外と大きいのが釣れまして、出遅れ組ながら、かなりの釣果となりました!皆様、どうもスミマセン(笑)。

先ほど、コクヨ工業滋賀の太田さんから届いたメールでは、今回の成果は例年よりも良かったらしく、
「捕獲量 ブルーギル496匹 ブラックバス13匹 計509匹(22kg)」との情報でした。
我ら2名で、合計1Kg以上は釣りましたので、出遅れ組としてはなかなかの貢献度だったんじゃないかと自負しております(笑)。 

その後も、釣り大会中は天気もなんとか持ちこたえ、なかなか良いイベントになった様です。 トライアスロンもそうでしたが、梅雨時のイベントは天気に左右されやすいので、大変ですね。 関係者の皆様、お疲れ様でした。

さて、外来魚の駆除、子供の頃から魚釣りが好きで、学生時分には随分とバス釣りに熱中した者としては、「駆除」という言葉に多少の後ろめたさが無い訳ではありません。ブルーギルも、ブラックバスも、魚に罪は無いですからね。 一応、今回の釣り大会の様な外来魚の継続的な駆除は効果が有ると言われているそうですが、駆除された魚の処理方法や、効果を検証した結果がもっと知りたいと思いました。 まあ、子供から大人まで、意識づくりには一役買っているイベントではあると思いますが。

もう一つ、外来魚の駆除も大切だとは思いましたが、久々に釣り場に立ってみて、改めてその汚さ、ゴミの多さに心が痛みました。水質も悪く、魚を持って汚れた手を洗う気にもなれません。 外来魚駆除だけでなく、本格的なゴミ拾い、清掃のイベントにしても良いかも知れませんね。  前から思っているのですが、びわ湖やその周辺の水辺には、レジャー関係で捨てられたゴミだけでなく、農業、漁業関係のゴミも結構多いのです(ビニールやプラスチックなど)。  最近何かと話題になる外来生物ですが、それ以上に人間が出したゴミや汚れの方が深刻な気がします。

久しぶりの魚釣りは意外と楽しめましたが、色々と考えさせられる一日でした。
  1. 2017/06/26(月) 16:39:16|
  2. 魚釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

あれが・・・日本文具大賞 優秀賞10製品に!(汗)

びわこテンプレート スミ利文具店(びわ湖、琵琶湖テンプレート)
日本文具大賞2017の優秀賞10製品に・・・ナントナント(汗)。
株式会社コクヨ工業滋賀の「びわこテンプレート」定価¥400+税が、選ばれてしまいました!(デザイン部門)

こんなローカルな製品、選ぶて・・・他に何か無かったんか!いや!有るやろ絶対。アレとかコレとか! 日本文具大賞さん!大丈夫ですか!?ホンマにこれでエエんですか!? と思ってしまいましたが(笑)、デザイン部門なのでまあ、納得と言えば納得かな(笑)。  コクヨ工業滋賀の関係者の皆様、おめでとうございます! 滋賀の文具屋としては嬉しい限りです。 優秀賞にとどまらず、この勢いで日本文具大賞も狙ってください(笑)。

ただ、びわこテンプレートには、「スラスラと琵琶湖が描ける」という誰もが待ち望んだ!?素晴らしい機能性がありますので、「デザイン部門」では無く、「機能部門」で選ばれて欲しかったなー(笑)。

「びわこテンプレート」、スミ利文具店で大好評販売中ですので、是非よろしくお願いいたします!

びわこテンプレートのページ(スミ利文具店)
  1. 2017/06/20(火) 13:13:27|
  2. 文具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

びわ湖トライアスロンin近江八幡

昨日、長い期間をかけて準備してきた、第3回びわ湖トライアスロンin近江八幡大会が開催され、無事終了しました。
今大会は、472名の参加者、350名を超えるボランティア及び運営スタッフにより開催され、梅雨時で心配されていた天候にも恵まれ、絶好のトライアスロン日和となりました。 

トライアスロンの運営も3回目ということで、幾分慣れてきた面もありますが、式典関係の仕事は初めての経験で、正直大変苦労しました。 ただ、何か問題が起こった時に、サポートやリカバリーして下さる方々に恵まれ、与えられた仕事を無事終わらせることができました。ようやく肩の荷が下りた気分です。

前年の経験者からアドバイスを受けつつ、進行台本の作成などを行いましたが、いくら綿密に計画、準備したつもりでも、大会当日は何らかの問題発生が避けられないものですね。 当日、現場に行ってみて初めて、台本の細かいミスに気がついたり、有るはずの物が無かったり、居るはずの人が居なかったり・・・(笑)。 そんな中でも、現場で何か問題が起こった際に、不機嫌になったり、犯人捜しをするのではななく、すぐに今できる解決策を探して前向きに行動される方々がおられ、大変勉強になりました。 

私など、予定通りに事が運ばないと、先ず自分のミスじゃないことを確認したくなる様な小っちゃい人間なので、恥ずかしい限りです。 不可抗力が重なり合って問題が発生することも多いので、何か困ったことが起こっても無駄に誰かや自分のせいにするのではなく、落ち着いて次の行動に移れる人間になりたいなー、と激しく思った今大会です。 

今大会は、自分に与えられた仕事しか目に入る余裕が無く、ほぼ一方的に助けてもらうだけの「式典班長」(名ばかり感が半端無い・汗)でしたが、来年はどんな仕事が与えられるか分かりませんが、少しは困っている人をサポートしてあげられる様に頑張りたいものです。
  1. 2017/06/19(月) 16:25:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

FC2Ad