FC2ブログ

スミ利のブログ

滋賀で文具店を営む藤井のブログ。文具のこと、仕事のこと、趣味のこと・・・色々と書いてます。

SEEDクリアーレーダー再入荷!

シード クリアーレーダー スミ利文具店  シード クリアーレーダー入荷! スミ利文具店
昨年夏から話題になっているシードさんの透明消しゴム、クリアーレーダーがスミ利文具店に再入荷しました!

透明の消しゴム自体は、かなり以前から各社で商品化されていましたが、消しゴム生地が硬く、消しにくいものが大半。どちらかと言うと実用性よりも見た目の面白さを重視した製品ばかり・・・。 具体的に言うと、ゴムが硬過ぎる!その影響も有り、消す時に紙面をとらえきれず滑ってしまう(つまり消せない)。とどめは、硬く柔軟性に乏しい為、折れたり崩れたりしやすい!・・・とまあ、ろくなことが無いのです(笑)。 消しゴムという名前は付いているけど・・・単なるゴム!?みたいな残念な消字性能。 失礼ながら、マトモな消しゴムメーカーは手を出さない商品(笑)でした。

そんな中、良く消える消しゴムのメーカーとして有名なシードさんが、満を持して発売する透明消しゴム!ということで、発売前の展示会やユーザー向けイベントでお披露目されるや、SNS等で話題になっていたのがクリアーレーダーです。 透明の消しゴム生地なので、通常の消しゴムよりは少し硬めの生地になりますが、消字性能を諦めず研究、開発されており、ちゃんと消すことができます(消しゴムなんで当たり前と言えば当たり前ですが・汗)。 正直、私はそこまで人気になるとは思ってませんでした。一般ユーザー向けの文具イベント等で物凄い高評価だったので、ちょっとびっくりしてしまいました(笑)。 まあ、SNS等で何かと「映える」アイテムとして評価されたのかも知れません。

あまりの人気で、当初から品薄&欠品が続き、スミ利にも極初期に入荷して以降欠品。昨年末に久々に入荷したものの入荷待ちいただいていたお客様分で終了(汗)。 そして・・・昨年秋の展示会で「今注文すると5ヵ月待ち」と言われて発注しておいたものが、今回入荷したという訳です! 半分冗談だと思ってましたが、本当にほぼ5ヵ月かかりました(笑)。 すっかり忘れたころに入荷しました。

昨年秋頃は、一部でかなりの高額で転売されていたという話も聞きましたが、これからは少し落ち着くかな?と思います(何しろ継続生産品なので)。 ただ、昨年発売直後のロットのみ日本製だったので(今はベトナム製)、そういう意味ではレアなのかも知れませんが、私には理解できません(笑)。

そんなこんなで、シードさんのクリアーレーダーですが、 無色透明の消しゴム生地に、スリーブまで透明タイプを採用しているので、確かに雰囲気は抜群の消しゴムです。 そして、透明の消しゴム生地にしては、柔軟性があり、紙の上で滑りにくいグリップ力と消字性能を持っています! 消しゴムのメインユーザーである学生さんに人気なのもうなずけます。

ただ、スミ利なのではっきり言っておきますが、消しゴムとしての性能を最優先させるなら、普通のレーダーの方が絶対高性能です(笑)! それは当然です!!  柔軟性があり、グリップ力があると言っても、それは透明生地としては・・・という意味。 実際に使ってみての感想としては、乱暴に手早くゴシゴシ擦ると、やっぱり紙面をとらえきれずに滑る印象です。 逆に言うと、この透明生地の性質にマッチした速度と力加減で消すと、ちゃんと消すことができます。 それは、これまでの透明消しゴムと違って、クリアーレーダーがちゃんと字を消す機能を持った生地になっているからです。 そこは今までの透明消しゴムと一線を画している部分。 使う紙とのマッチングも有るかと思いますが、購入されたら、先ずは実際に字を消してみて、最適な使い勝手を探してみて下さい!

クリアーレーダーには大小2種類のサイズがあり、大きい方が1個\150円+税、小さい方が1個100円+税となっています。 スミ利では今回、1個150円+税のタイプが入荷しました。 実は、小さい100円のタイプは取り扱う予定が有りません(汗)。 まあ、値段の違いも僅かですし、2種類も置く必要が無いな・・・というのが理由ですが、大きい方の150円のタイプでも、実際のサイズは、通常の白ゴムのレーダーの100円のものより、ちょっと小さいくらいなのです。 100円のタイプなら、通常のレーダーの60円のタイプと同じくらいだったと思います。  スミ利が実際に使ってみて思ったのですが、クリアーレーダーは、紙面を滑らせずに上手にグリップさせながら使う「コツ」が必要なので、小さい100円のタイプより、大きい150円のタイプの方が使いやすかったです(あくまで個人的な意見ですのでご参考までに)。

話題の透明消しゴム、是非スミ利でお買い求め下さいませ!
  1. 2020/02/07(金) 09:53:24|
  2. 文具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

コメント

こんにちは!

なんとなんと、スミ利さんでも5か月待ちでしたか。
私の行きつけの文具屋さんもそうおっしゃってはいましたが、大雑把に余裕みて言っているだけでしょって思ってました。私は予約していたので手に入りましたが…。

しかし発売直後のロットのみ日本製だったんですね(驚)。今スリーブを見ても製造国がありませんでした。
大箱に書いてあるのかもしれませんね。
しかし日本製は貴重ですね~。そしてこのクリアレーダー、割高っ。
なぜ基本的にベトナムになっちゃったんでしょうね?
そりゃ人件費が安いということでしょうけれど、製造国の気温や湿度(神経質のようですが、これまでに聞いたことがあったので)や品質、何か違いがありそうですけどねー。本当に微妙なレベルかも知れませんけれど。

あとおっしゃっているように「使う紙とのマッチング」ありそうですね。私はよくわら半紙みたいなざらざらな紙を使って4Bや3Bで使うので、即クリアレーダーにつるつるの黒鉛がついてしまって滑ります。でもそれでもクリアレーダー、好きです。見ていてきれいですし♪
そのうちカラークリアレーダー、限定で出そうですね(笑)
今まではまさに紙面を滑らせて消していましたが、スミ利さんの「コツ」をもとに消してみたいと思いますっ!
  1. 2020/02/07(金) 12:55:10 |
  2. URL |
  3. ともこ #xo2ligvU
  4. [ 編集]

>ともこ様

いつも有難うございます。

クリアーレーダーですが、本当に約5ヵ月サイクルで入荷しました(汗)。 まあ、随時発注かけていたので、5ヵ月間入荷が無かった訳ではありませんが、今回入荷した分は約5ヵ月前に展示会で発注したものになります。 ある意味、物凄く正確な納期予測をされてる(笑)。 他のメーカーさんなら、「納期未定」で処理されそうです(笑)。

初期に出荷されたものは日本製だったそうです。 私もそこまで詳しく見ていなかったです(汗)。 開封時に捨ててしまわれたと思いますが、個包装のフィルムの上に貼られたバーコードのシールに生産国が印字されています(この辺りもロットによって仕様が違うかもですが)。

シードさんは、ベトナムに主力工場があるので、このクリアレーダーも、元々ベトナム生産を前提にしておられたかと思います。 今は、一部の製品を除き、大半がベトナム製ですね。 日本贔屓の私としては、何でもMade in Japanが好きですが、今のところシードさんの場合、ベトナム製になっても品質上の問題は聞かないので安心しています。

  1. 2020/02/08(土) 13:03:55 |
  2. URL |
  3. スミ利文具店 藤井 #eMwruaJU
  4. [ 編集]

返信いただきありがとうございます。
私も日本びいきですっっ(鼻息荒く)!
しかし私が知らない間に大半がベトナム製でしたか。
シードさんもご事情がいろいろあるのですね…。
  1. 2020/02/10(月) 12:27:31 |
  2. URL |
  3. ともこ #xo2ligvU
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumiri.blog4.fc2.com/tb.php/788-79fd027a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)