FC2ブログ

スミ利のブログ

滋賀で文具店を営む藤井のブログ。文具のこと、仕事のこと、趣味のこと・・・色々と書いてます。

今年最後の大物!? キャップレスLS入荷!

先日来、ぺんてるさんのオレンズネロ限定モデルや、パイロットさんのタイムライン新色、コクヨ工業滋賀びわこ文具新製品など、注目の新製品が続々入荷して大慌て(汗)のスミ利文具店です。   が、本日またまたビッグな新製品が入荷しました(恐らく今年はこれで最後!?)!!!

パイロット万年筆キャップレスLS 新発売! スミ利文具店
パイロットさんの万年筆キャップレスLSです!
世界的に人気のキャップレス万年筆に、ラグジュアリー・モデルが追加されるとのことで、発売前から話題になっていた製品です。スミ利も、秋の展示会で実物に触れて非常に注目していたアイテム。 遂に、新発売となりスミ利に入荷しました!

先に言ってしまうと定価35,000円(+消費税)という、国産万年筆としてはなかなかインパクトのある&中途半端なお値段ではありますが(笑)、「ラグジュアリー」の名に恥じない内容を持った万年筆になっております。

パイロットのキャップレス万年筆と言うと、カチッ!カチッ!とメリハリのある歯切れの良いノック音、操作感も実は人気の秘密だったりします。 ウィークポイントがチャームポイントだったりする訳です(笑)。

パイロット万年筆キャップレスLS スミ利文具店

しかし、今回のキャップレスLSではそうした、ちょっと気になる部分に目を背けることなく、一歩も二歩も踏み込んで開発に挑んでいるところがポイントです。  ノック&ツイスト機構という新たなペン先出没機構を採用! ノックでペン先を出し、尾冠をツイスト(回転操作)することで収納する仕組み。 そのノックもツイストも非常に静かで滑らかなのです! 特に収納時のツイスト操作はほぼ無音な上、手で最後まで完全にツイスト(回す)する必要が無く、尾冠の突起部分をちょっと回転方向に押してやれば、後は勝手に「スー」と尾冠が回転して静かにノックノブがせり上がり、ペン先が収納されます。 これは、ちょっと感動モノです!!  似た感覚でご説明すると、システムキッチンの引き出しなどで採用されている「ソフトクローザー」に近い印象。

キャップレスLS スミ利文具店

外観でも、細部にこだわってデザインされており、ふっくら重厚感のあるボディながら、重苦しさが無くスタイリッシュにまとめられています。 特にボディ中央に設けられたリング・パーツは、細かなカットが施されており、非常に凝った造形ですが、こちらはパイロット社の宝飾部門で培ったセンスと技術が活かされているとのこと! 実は、パイロットさんは指輪などの宝飾業界でも高いシェアを誇っているんです!  今回、ボディカラーには、ラグジュアリーブラックとラグジュアリーブルー、ラグジュアリーパープルの3色が用意されています。 特にブルーとパープルの2色は塗装の具合が絶妙で、ちょっと潤んだ様な雰囲気で奥行きのある色合いに仕上げられています。

実は、ボディカラーについては、ここでご紹介した3色以外に、もう1色ブラックマット(艶消しの黒)もございます。 これも個性的でなかなか魅力的です。 ただ、今回はラグジュアリーがテーマの商品ということで、スミ利の勝手なイメージで光沢塗装とクロムメッキの3色をチョイスしてみました(笑)。 ブラックマットは受注後の取り寄せにて対応いたしますので、よろしくお願いいたします。

実は、パイロットさんの展示会で見て以降、お客様と色々と意見交換した中で、このキャップレスLSの定価35,000円というお値段がよく話題に上りました。 ちょっとキリの悪い価格で、今までにあまり無い価格帯なので、「結構高いね」というのが最初の印象ではありますが、例えば海外ブランドの万年筆で35,000円クラスというと、金ペンではほぼエントリークラスになる訳で、その程度の価格の万年筆は案外、普通に売っているし、買っているよね・・・というのが大方のご意見でした(汗)。

中には、従来のキャップレスが15,000円とかで売っているのが安過ぎるのでは?という有難いご意見もチラホラ。  定価35,000円というと、安い買い物では有りませんが、間違いなく言えるのは、もし海外メーカーさんがキャップレスLSと同じ程度の製品を出したなら、もっとずっとお値段的にもラグジュアリーな感じになっているってことですね。  インキからペン先まで全部を自社開発できるパイロット社だから実現できた価格&クオリティだとは思います! 是非、スミ利の店頭で実物をご覧いただければと思います。
※勿論、通販も対応しております! 
  1. 2019/12/24(火) 15:42:06|
  2. 文具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

そう言えば今度、プラチナからノック式がでるみたいですね。かなり昔やってたのを50年ぶり位に出すとか・・・・。キャップレスとは少し違うと思うんですが、ラミーにも繰り出し式?見たいのが有る様ですね。ビンテージ物収集家の方がネットで大昔のやはり繰り出し式モンブランを披露してました。キャップレスはヨーロッパで人気があると聞いてます。ニブが18Kと言うのも、そこなんでしょうか?
  1. 2020/02/10(月) 18:27:16 |
  2. URL |
  3. 神奈川県民 #-
  4. [ 編集]

>神奈川県民様

コメントへのお返事が遅れて申し訳ございません。

プラチナさんからもキュリダスというノック式が出ますね!
私は既に何度か実物を試しましたが、ノックの感触や筆記感は悪くなかったですよ! 内部構造もかなり凝ったものになっており、ギミック好きにはたまりません。 実用性もしっかり考慮されており、数十年前のプラチナさんのノック式とは全く別物と考えて良いと思います。

ただ・・・最新設計のノック式万年筆キュリダスを見て、触って、書いて思うのは、、、、パイロットのキャップレスってやっぱり凄かったんや!ということ(笑)。 もうロングセラーの域に達していますが、致命的な弱点が無く、改めて完成度の高さが証明された気がします。  キュリダスにあと3千円出せばキャップレスの鉄ペンモデルが買えるというのも悩みどころになるかも知れません。

キャップレスって、単に「万年筆をノック式にした」のではなく、「ノック式万年筆として一から作った」という感じがするんです。このニュアンスがお分かりいただけるかどうか・・・。 凄く研究を重ねて、色々な意味が有って今のカタチに落ち着いているというのを改めて実感しました。

プラチナさんのキュリダスですが、書き味も良く、この価格でEFニブまで揃えている(これがなかなか書きやすい)のが好印象です。キャップレスをよく研究されており、メンテナンス性なども考慮した最新の設計が施されています。

ただ、万年筆上級者は金ペンや金属軸など、より本格的なものを求める傾向があり、かと言って、万年筆に興味が薄かった層が手を出しやすいかと言うと・・・(価格的にちょっと高い上に、最初は普通の万年筆を買う人が多いかな?と)。 基本的には、プラスチック感の強いスケルトンボディで、ペン先周辺もインク汚が目立ちやすい構造になっている為、販売店としてもターゲットを絞りにくいのが本音です(汗)。

はっきり言ってしまうと、あの価格(定価7,000円+税)をお遊びでポンと出して良いと思えるかどうか、お客様のご判断によりますね。 ペン先を収納した状態ではノックノブが異常に長く感じられますが、ノックしてペン先を出した状態のバランスの良さはなかなかのものでした! いずれにしても、今年大注目の万年筆ですね!
  1. 2020/02/14(金) 14:59:02 |
  2. URL |
  3. スミ利文具店 藤井 #eMwruaJU
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumiri.blog4.fc2.com/tb.php/784-0797db8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)