FC2ブログ

スミ利のブログ

滋賀で文具店を営む藤井のブログ。文具のこと、仕事のこと、趣味のこと・・・色々と書いてます。

プラチナ万年筆プレジデント入荷!

プラチナ万年筆 プレジデント スミ利文具店
プラチナ万年筆さんから久々にプレジデント万年筆が入荷しました! いつ発注したのか記憶が曖昧になってくる頃に入荷するのがプラチナさんです(笑)。

今回、入荷したのはプレジデント万年筆のブラック、M(中字)です。お値段は定価¥20,000(税込)のモデル。
プラチナさんでは、#3776シリーズが有名ですが、このプレジデントは18金ペン先を搭載した上級モデルとして存在しており、高級蒔絵万年筆のベースや、あの出雲シリーズのベースにもなっているモデルです!

#3776センチュリーの人気に隠れた存在になっていますが、この大型18金ペン先は#3776センチュリーとは一味違ったキャラクターと、2万円という(今となっては)リーズナブルな価格設定もあり、万年筆マニアや上級者からは非常に注目の商品となっています。 このところはメーカー欠品となることが多く、納期不問で発注しておかないとなかなか入荷しない逸品です。

18金というイメージに反し、余計なしなりを抑えた硬めの書き味になっており、少々の筆圧にも負けず安心感があります。長文筆記される方や、筆記速度の速い方、欧文筆記にもお薦めです。 良い意味でプラチナさんらしい・・・硬さにこだわりを持った万年筆です。

人気の#3776センチュリーもかなりハードなペン先ではありますが、あちらはうまい具合にしならせてタッチの柔らかさを演出している面がありますが、このプレジデントはそう言った意味では本当に硬い!無駄なしなりを極力抑えた、ダイレクト感のある書き味は欧文筆記主体の海外での販売も意識しているかと思いますが、流石はプラチナさんと言うべきか、単に硬いだけのペン先ではありません。 

ハード調の万年筆の中には、筆記時にサスペンションの効いてない車に乗っている様な突き上げ感が伴うこともありますが(まあ、早い話がボールペンで書いているのとあまり変わらないと言いますか・・・)、そうした嫌な硬さが有りません。18金という素材の成せる技でしょうか? 同じくプラチナさんの18金スタンダード万年筆(美巧シリーズ)とも通じますが、使い込めば使い込むほど味が出る、長く愛用したくなるペン先です。

プレジデント万年筆は、常時品薄なこともあり、スミ利ではあまり在庫販売してこなかったのですが、#3776センチュリー効果!?でプラチナ万年筆ファンも益々増えて来た昨今、センチュリーとは一味違ったプラチナさんの魅力もご紹介したいと考えて在庫してみました! 一応、在庫を切らさない様に(無理かな?)頑張っていきたいと思ってますが、気になる方は是非スミ利文具店にご相談下さいね!
  1. 2018/10/02(火) 15:11:30|
  2. 文具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumiri.blog4.fc2.com/tb.php/719-95fd5bc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad