FC2ブログ

スミ利のブログ

滋賀で文具店を営む藤井のブログ。文具のこと、仕事のこと、趣味のこと・・・色々と書いてます。

上級救命講習&ヨシ刈り

23日(金)と24日(土)の二日間、店の仕事を抜けさせてもらいました。
何をしていたかと言いますと・・・23日(金)は朝から消防署で上級救命講習に参加。 そして、本日24日(土)は恒例のヨシでびわ湖を守るネットワークのヨシ刈りボランティアに参加しておりました!

上級救命講習 近江八幡消防署にて
上級救命講習は、第4回びわ湖トライアスロンin近江八幡開催に向けての準備の一環としてお誘いいただいておりましたが、前回の普通救命講習から3年経過し、救命に関する知識がかなりあやふやになっていたこともあり、思い切って参加してみました。
今回は、上級ということで通常の講習内容に加え、子供に対する救命や外傷の手当てなど内容も盛り沢山で、最後には実技試験や筆記試験も行われるとのことで、かなりドキドキでした。 朝9時から約8時間の長い講習でしたが、何とか無事に修了証をもらうことができました! ※因みに私自身はトライアスリートではございません。あんなハードなスポーツは絶対無理です(笑)。近江八幡市内の商工業者として大会運営のスタッフの一人として関わっているだけです(笑)。

これまで、救命を要する場面に遭遇せずに過ごしてきましたので(それが何よりですね!)、過去に教わった内容も忘れ勝ちでしたが、だからこそ定期的に知識を入れなおす必要があると思いました。  実は、帰宅直後に私の娘が一瞬、飴玉を喉に詰まらせた素振りを見せた為、習いたての異物除去を早速試みる羽目になってしまいました(汗)。 幸いにも、不意に飴玉を飲み込んだ為、びっくりして声が出せなかっただけの様でして、事なきを得ましたが・・・何でも教わっておいて損は無いことを実感してしまいました(汗)。  平日に約8時間もの講習はなかなかハードルが高く、どうしても躊躇してしまいますが、参加して良かったと思います。



西の湖ヨシ刈り2018年2月
さて、本日24日(土)は、毎年恒例の西の湖でのヨシ刈りボランティア。 コクヨ工業滋賀さんが中心となったヨシでびわ湖を守るネットワークによるヨシ刈りイベントで、多くの企業が参加されました。 ヨシ刈りをしてみて、今年は例年に比べてセイタカアワダチソウなどの雑草が多く、作業に苦労しました。後で聞いたところでは、西の湖では昨シーズンに大雨などの影響を考えて、水位を低く抑える措置がとられた為、水際で冠水が足りないところが多く、雑草の勢力が弱まらなかったのが原因の様です(水に浸かるとヨシ以外の植物が減るそうです)。 なかなか難しいものですね。
バイオマス調査
また、今年はいつものヨシ刈り終了後に、琵琶湖博物館さんの指導によるバイオマス調査にも参加してきました。 ヨシが環境に与える影響を数値化し、ヨシ活用の有用性を評価する為の研究の一環です。 5つのチームがそれぞれ3メートル四方のヨシを刈り取り、本数や生育具合などを調査しデータ収集するのをお手伝いしました。 一朝一夕に結果が出るものでは無く、継続的に調査が必要とのことでしたが、何年もヨシ刈りに参加している者としては、自分たちの活動が環境にどの程度貢献できているのか・・・非常に興味深い調査です。 スミ利で扱っている、ヨシ紙やヨシ文具がどの様に環境保全に役立っているのか・・・具体的な数値が見えることで、今後の課題の発見やモチベーションにも繋がってくるかと思います。

上級救命講習、ヨシ刈り・・・かなりハードでしたが、なかなか充実した二日間でした。 本業の方も頑張らねば!ですね(笑)

  1. 2018/02/24(土) 18:24:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

お疲れさまでした

本日は、ヨシ刈りお疲れさまでした。
天候にも恵まれ、程よい運動になりましたね(笑)
午後からの、学術調査(!?)にも参加でき、勉強に
なりました。
ただ、あのような地道で、きっちりとした調査は、いい
加減な僕には多分無理ですね(笑)

来年も、ヨシ刈り&あれば調査も参加しますので
よろしくお願いします。
  1. 2018/02/24(土) 22:42:02 |
  2. URL |
  3. エルプリメロ #-
  4. [ 編集]

セイタカアワダチソウが、花屋にも?

ヨシ刈りにてご一緒したふじよしです。
おっしゃるように、確かに今年は雑草が多いなと感じましたね。ふうむ、そういう事情があったのですか・・・
ところで、文中にあるセイタカアワダチソウですが、これとよく似た植物が花屋で売られているのをご存知でしょうか。
それは「ソリダコ」もしくは「ソリダゴ」と呼ばれ、高さ30〜50センチくらいの若木/4分咲きくらいのつぼみなら、単体で見れば素人目にはまず見分けがつかないでしょう。まぁ並べて比べると、鮮やかな黄色の花をつけるソリダコに対し、セイタカアワダチソウの花はやや濁って見えると言いますか、“山吹色”ぽいのですが。
このソリダコは我々花屋にとって、メインとなる花を引き立てる脇役として重宝し、カスミソウぽくフワフワと使うほか、独特の枝ぶりを生かして、動きを出したい時などに用います。
ほぼ年中出回っていますが、とくにヒマワリとは好相性のため、ヒマワリが入荷する6〜9月頃なら、花屋の店頭に高確率で並んでいるでしょう。
長々と失礼しました。
  1. 2018/02/26(月) 00:20:29 |
  2. URL |
  3. フラワーショップふじよし #2XI39Vu2
  4. [ 編集]

>エルプリメロ様

先日は、ヨシ刈りお疲れ様でした。
午後のバイオマス調査もなかなか貴重な体験でしたね。私は数字が苦手なので記録係や計測係には不向きなことを再認識しました(笑)。 来年もよろしくお願いします!
  1. 2018/02/26(月) 09:26:10 |
  2. URL |
  3. スミ利文具店 藤井 #eMwruaJU
  4. [ 編集]

>フラワーショップふじよし様

ヨシでびわ湖を守るネットワークの企業会員として長年遠方から駆けつけておられる、フラワーショップふじよしさんは、受付でも顔パスでしたし、かなり有名な存在ですね(笑)。 毎年、集合時の参加企業紹介で「遠路、姫路からお越しの・・・」でどよめきが上がるのもヨシ刈りの風物詩!?となった感があります(笑)。 

ソリダコ(ソリダゴ)とは初めて聞きました! ちょっとネットで調べてみましたが、写真で見ただけでは素人にはセイタカアワダチソウと区別が難しいですね(汗)。 バイオマス調査中に、いつもヨシ刈りの世話役をされている男性(お名前、失念・汗)と立ち話をして、雑草の多い理由を教えていただきました。  以前はセイタカアワダチソウが花粉症の元凶だと言われていたので、それが実は濡れ衣だった・・・と分かっても、この名を聞くとあまり良いイメージが出てこないのは私だけでしょうか?(笑)  雑草、雑草と人間の都合で邪見にするのも考え物ですね(笑)。
  1. 2018/02/26(月) 09:42:57 |
  2. URL |
  3. スミ利文具店 藤井 #eMwruaJU
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumiri.blog4.fc2.com/tb.php/695-2ca3b1d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad