FC2ブログ

スミ利のブログ

滋賀で文具店を営む藤井のブログ。文具のこと、仕事のこと、趣味のこと・・・色々と書いてます。

オートマック入荷!

パイロット自動繰り出しシャープ オートマック新発売! スミ利

パイロットさんからこのほど自動繰り出しシャープの「オートマック」がリニューアルして復活しました!
スミ利にも早速入荷しておりますのでよろしくお願いいたします。

今回発売されたオートマックは1本定価¥3,150(税込)で、軸色はブラックとシルバーの2色。最近のシャープペンとしては少々お高いと思われるかも知れませんが、金属パーツを多用した本格的な作りこみと、過去のモデルよりもより洗練された自動繰り出し機構は、シャープペンマニアなら是非とも所有したい逸品です。 

ご存知の方も多いと思いますが、オートマックの自動繰り出し機構の仕組みは、ペン先付近のガイドパイプが僅かに紙に触れることで芯を少しずつ繰り出しています。これにより、一見すると芯が減ってガイドパイプから出ていない様に見えても、ノックせずにそのまま書き続けることができるのです。 従って筆記時はガイドパイプが少し紙に触れた状態で書くことになりますので、書き心地については多少クセのあるもので、慣れも必要ですが、今回のオートマックでは書き心地についても極力、自然なものにする為、こだわって開発したそうです。その為、クセがあるなりに、以前のモデルと比較すると書き心地が随分改善されています。 また、新しいオートマックでは自動繰り出しだけでなく、普通にノックして芯を出してお使いいただくことも可能になりましたので、お好みや用途により使い分けていただくこともできます。 

連続筆記で芯が減ってもノックせずに書き続けられるメリットには根強いファンがおられますし、自動繰り出し機構の場合、ガイドパイプから殆ど芯を露出させずに筆記するので、普通のシャープペンでは筆記中に筆圧で芯がポキポキ折れる!という方でも芯折れの心配が殆ど無く、速記やメモ書きにも最適です。特に、屋外でクリップボードなどを用いて立った姿勢のまま筆記する場合、普通のシャープペンだと、筆圧のコントロールが難しいことがあり、芯折れしやすいのが、オートマックだとその心配が無いので便利です。
今回のモデルから、ペン先部が出没式のダブルノック機構になっていますので、携帯時のペン先保護も万全で、実用的にも優れた商品になりました。

一癖あるシャープペンですが、本格的な自動繰り出しシャープとして、通には外せないブランド(笑)、その復活ですので、是非この機会にお買い求めください。 
  1. 2011/10/27(木) 09:39:48|
  2. 文具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

ありましたね、ちょっと昔に

 おぉ「オートマック」!以前のとはデザインがだいぶ変わりましたね。確かもっと太短くて、プラスチッキーな感じだったように記憶しています。それになんだかこすれたような書き心地で、発売当時学生だった私の周囲でも本格的に使っている人は少なかったのではないでしょうか。
 しかし今回は単なる復刻ではなく、デザイン・素材もモダンに生まれ変わり、旧製品にはなかった機能も追加され、書き心地もよくなっているとのこと。私は今も長時間の筆記の場合はシャープペンを使いますので、この製品はニーズに合っています。でもシャープペンにしてはいい値段しますね・・・確か昔のも決して安くはなかったですが。
  1. 2011/10/28(金) 21:26:37 |
  2. URL |
  3. フラワーショップふじよし #2XI39Vu2
  4. [ 編集]

>フラワーショップふじよし様

2003年までカタログ掲載されていた旧オートマック(E500)は当事の定価¥5,000、ボディーはブラック。ボディーはじめメカニズムも金属製で、実は今度のオートマックよりもよりマニアックな「フルオートマチックエンドレス方式」というギミックを搭載していた代物です。

今度のオートマックは一部機能を手動化することでフルオートマチックからセミオートマチックに仕様変更されましたが、合理化と信頼性アップを両立しています。更に当時は無かったダブルノック機構を組み込んでいるのが注目ですね!

誰にでも受け入れられる商品でないからこそ欲しくなる商品ではないでしょうか(笑)。好きな人にはたまらないシャープですね!

今日、詳しいページをアップしましたのでご覧ください!
http://www.sumi-ri.com/pilot-automac.html
  1. 2011/10/29(土) 17:23:41 |
  2. URL |
  3. スミ利文具店 藤井 #eMwruaJU
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumiri.blog4.fc2.com/tb.php/326-e51648be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)