スミ利のブログ

滋賀で文具店を営む藤井のブログ。文具のこと、仕事のこと、趣味のこと・・・色々と書いてます。

コンビニの閉店

10数年前、大学生の頃にアルバイトさせてもらっていたコンビニエンスストアが昨日(というか今日の0時)閉店になりました。さっき前を通ったら看板などの撤去作業が行われていました。 開業以来17年と4か月での閉店。競争の激しいコンビニ業界では十分、老舗と言えるのではないでしょうか。

私がバイトしていた十数年前は、このお店の駐車場も結構、広い方だと思っていましたが、気がつくと最近の新しいコンビニは大型の駐車場を備えるのが普通になっており、時代の流れを感じます。 同じ系列のコンビニがすぐ近くにできたり・・・コンビニ業界はライバル企業同士の戦いだけでなく、同じ系列のお店同士でも競争が激化してるみたいですね。仁義なき戦い・・・フランチャイズの辛いところです。 

学生の頃ほどコンビニを利用しなくなったと思うのですが、それでも仕事の合間に寄ったり、子供が産まれてからも散歩がてら寄り道してましたので、もうあの場所で営業していないと思うととても寂しい気分です。 アルバイト時代の色々なことが思い出されます(深夜バイトで稼いだお金、大半がガソリン代に消えたなー・笑)

オーナーのご夫妻には、アルバイトを辞めてからも随分と色々お世話になってきました。 考えてみると、コンビニのオーナーというのは、アルバイトの確保やセキュリティのことなど、24時間気が抜けなかったと思います。体力的にも精神的にもハードな仕事ですよね。ご家族との時間も少なく、旅行などもなかなか行けなかったのではないでしょうか。やめてしまわれたのは寂しいですが、ようやく肩の荷が下りて、少しゆっくり過ごせるのではないかな!?とも思います。長年ご苦労様でした!
  1. 2014/02/28(金) 17:55:42|
  2. 地元ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヨシ刈り

22日(土)は朝から西の湖でヨシ刈りボランティアに参加しました。
今回は、ヨシでびわ湖を守るネットワークのメンバー26社、約230名での作業でした。毎回、遠方から大勢の方々が参加されます。 スミ利は目立つノボリもお揃いの名入れブルゾンも有りませんが、純粋な奉仕精神!?により、少数精鋭の2名で大企業の皆様方に紛れて毎年参加(笑)。 ※しかも2名の内の1名は私の友人なのでした・・・(毎年、ご苦労様です)。

下は、コクヨ工業滋賀の太田さんから送られてきた、当日の集合写真です。
2014年2月西の湖ヨシ刈り
当日は、天候にも恵まれ、暑過ぎず、寒過ぎない絶好のヨシ刈り日和となりました! 足元も良く、泥濘にはまる様なことも無く、終始快適なヨシ刈りが行えました。 ヨシ刈りには毎年参加していますが、こんなに快適なヨシ刈りは珍しいですね(笑)。

ヨシ刈りの後は、温かい豚汁と、伊藤園さんからの差し入れの飲み物をいただき、現場を後に。
この後、ヨシ刈りの常連で、毎年ご一緒している、姫路のお花屋さん(恐らく、今回最も遠方からのご参加だと思います)と共に、スミ利の近所にある、逢茶あまなさんにてランチ、コーヒーをいただき、解散となりました。 

同じ場所で何度もヨシ刈りをしていますが、今年はヨシが太く立派に育っていると思いました。雑草も数年前と比べると随分、少なくなった印象です。 私は、他の集まりで他所のヨシ刈にも参加していますが、遠目にはどこも同じ様に見えるヨシ原も、中に入って見ると全然違います。 高齢化やヨシの使い道の喪失で、人の手が入りにくくなったヨシ原は1本1本のヨシが細く弱々しいですし、雑草や下草が多く、足元も腐敗した枯れ枝や枯草が堆積しており、湿地の荒廃を感じます。ヨシ刈り作業も正に「草刈」状態です。

ヨシの利用(資源として)を前提としない、要するに野生の湿地(これはこれで自然界には重要な存在)もありますが、葦簾などのヨシ業者さんが伝統的に維持管理されていた様なヨシ原、ヨシの利用を前提として管理されてきたヨシ原は、やはり人が適切に手入れをしてやることが大切なんだな、と感じた次第です。放置すると、ヨシよりも雑草の方が強くなり、水質の浄化作用も機能せず、枯れ枝や枯草が堆積して腐敗し、荒れた湿地になるそうです。 年によってもヨシの出来、不出来があるのは聞いていましたが、継続的にヨシ刈りを行うことで、徐々にヨシ原が健康を取り戻してきているのを実感できました。 やはり、太く、長く、立派なヨシが生い茂るヨシ原は綺麗ですし、郷土の景観として誇れるものですね!

今回刈り取ったヨシも選別、保管を経て、リエデンのヨシ文具としてコピー用紙やノート、名刺などに加工されます。こうしたヨシ文具も是非、皆様にご活用いただきたいと思います。
今シーズンは、このヨシ刈りで最後。来年も参加したいと思っています。
  1. 2014/02/24(月) 17:22:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

業界の動向

このところ、通常の業務以外に、出張などが重なり、ちょっとバタバタとしております。

12日はオフィス用品の大手卸会社ジョインテックスさんのセミナー、商品説明会で県内の栗東市まで、13日はパイロットさんの見本市スプリングコレクション2014、プレミアムメンバーズ報告会、懇親会で大阪に出かけてきました。

ジョインテックスさんは文具事務用品メーカーのプラスさんが展開する卸部門で、文具、事務用品から家具、OA機器、日用雑貨、食品、飲料まで幅広く手掛けている会社です。 いち早くIT活用に目を付けた会社で、ここのWEB発注システムや物流システムは同業他社よりも一歩進んでいる印象です。

そのジョインテックスさんによると、このところ「本当のペーパーレス化」が進んでいるそうです。IT化、ペーパーレス化と叫ばれて久しいですが、実際にはコピー用紙などのOA用紙の出荷量は増え続けていました。それが、iPad等タブレット端末の登場と普及に連動するかの様に、紙製品の出荷が減少傾向に転じているとのこと。 紙需要が減れば、当然ながらそれに筆記する筆記具、整理するファイルの需要も減少します。 筆記具とファイルというのは文具業界の最重要商品の一つですから、文具業界は今まで通りの事業展開では先細りが避けて通れない・・・そんな話でした。 そこで、物販だけでなく、サービス系のビジネスの強化(ソリューションビジネスってやつですか!?)をどんどん開拓、強化していく方針だそうです。 具体的には外国語の翻訳ビジネス(これは既に一定の成果が出ています)、Googleのパートナー企業として、Googleアドワーズ、おみせフォト等の提供、WEB会議システムの斡旋、ギフト、ノベルティ、介護業界向けビジネス・・・等々、これらを我々取引店を通じて提供していくというお話です。 様々な事業の説明を受けましたが、それぞれに一定の強みを持ってユーザーに提供できるレベルとなっており、これからは文具店がこうした新しいサービスを手掛けるのが普通になるのかな!?とも感じました。既にこれらのビジネスは始まっておりますので、是非スミ利にご相談くださいね!

もう一つ、パイロットさんの見本市。毎年この時期の恒例行事で、帝国ホテル大阪の会場は今年も大変賑わっていました。 今回は、実際の発注を前提としたイベントですので、昨年秋の展示会で発表されていたものが、いよいよ出てきた!という感じです。
個人的には消せるボールペンのフリクションにいくつか新製品が追加されるのが楽しみです。 また、高級筆記具では5000円のふみ楽というシリーズに、シャープペンが追加されます。これは回転繰り出し式(ツイスト式)のシャープなのですが、パイロット自慢のフレフレ(2020)機能が搭載されており、フレフレのロック機構や、筆記終了時に芯を戻すのを容易にする機能など・・・メカ好きには面白い商品かと思います。この他、新製品が沢山出てきますが、それらについてはまたボチボチとご案内できれば(笑)。

この日は、スプリングコレクションの後、同じホテル内の別会場に移動してプレミアムメンバーズの報告会、懇親会に参加。 仕入れ実績や、伸長率で優秀な成績を収めたメンバーさんが表彰されました。ま、桁が違い過ぎるので、スミ利には縁の無いお話ですね(笑)業界の人じゃなくても知っている様な、何店舗も展開されている超有名店さんや、大手の納品店さん等が順当に!?受賞。 その他大勢の販売店さんと共に、盛大な冷めた拍手を惜しみなくおくった後は、懇親会で可及的速やかににお食事とお酒をいただきました(笑)。 

たまたま、お隣になった大阪市内の文具店の社長さん(70代とのこと)から「知った顔がめっきり減ったねー」とか「業界も随分と変わってしまったねー」と話しかけていただき、10数年前、パイロットさんから、島根・鳥取旅行に招待された懐かしい話題も。実はその旅行には当時大学4回生だった私も一人で参加していて、松江城の堀川めぐりや足立美術館に立ち寄った思い出があります。それと皆生温泉の華水亭というホテルの風呂場で、恒藤社長とお話したのを思い出しました。 帰ってから調べたらこの旅行は99年10月に行ったもの。当時、私はまだ大学生だったんですよねー。同業者、業界の諸先輩方(勿論、初対面の方ばかり)に囲まれて過ごした一泊二日(汗)。月日が経つのは早いものです。 

当時は憂喜和会というプレミアムメンバーズの前身となる販売店の会が有って、憂喜会の総会を兼ねて一泊二日の旅行に連れて行ってもらってたんですよ。 しかも今では考えられないほどの豪華なものでした。 流石に時代の流れということもあり、この鳥取・島根旅行を最後に、旅行形式の総会は無くなり、以降は帝国ホテルでの懇親会となったと思います(時代は変わりますねー)。 まあ、そんな訳で適当に食べて飲んで、しゃべって(お互い誰だか知らないおじさん達と・笑)夜7時に終了。昔は、ベロベロに酔っぱらって帰る社長も見受けましたが、昨今は皆さん大人しいもので(笑)。 先ほどの社長に、「また来年も無事にこの会場でお会いできるかな!?」等と別れ際に声をかけられ、少ししんみりした気持ちで会場を後にしました。ま、明日からも仕事を頑張るしか無いなと・・・。 しかし、夜にお酒飲んで大阪から滋賀まで変えるのは面倒ですね(笑)。 
  1. 2014/02/14(金) 13:59:37|
  2. 文具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad