スミ利のブログ

滋賀で文具店を営む藤井のブログ。文具のこと、仕事のこと、趣味のこと・・・色々と書いてます。

夏まつり

8月5日(土)、6日(日)は、所属するはちまん青年経営者会(青経会)が主催する、第1回おうみはちまん夏祭りが開催され、前日(4日)の会場設営も含め、お手伝いしてきました。  また、ノロノロ台風5号が過ぎ去って落ち着きを取り戻した9日(水)には、子供が通う保育所の夏祭りに保護者会役員として1日参加してお手伝い。 「夏祭り尽くし」な1週間でした・・・どっちも遊びに行ったのではなく運営側ですね(汗)。

おうみはちまん夏祭りは、はちまん青年経営者会のイベントチームのメンバーが中心となり企画してくれたもの(私は例のトライアスロンチーム)。 天候や集客など、蓋を開けるまで予想のつかない部分も多く、第1回ということで資金面でも随分と苦労しましたが、猛暑の中大勢のお客様にお越しいただき、2日間とも大盛況の内に終えることができました。  こういったいイベントを陰で支える大変さを始めて実感しました。 正直、体力的にもかなり疲れますし、連日仕事を休んで参加せねばならずなかなか厳しいものも事実ですが、久々に青経会のメンバーが一致団結して楽しめた様に思います。やっぱり自分たちが楽しむことも大事なんだな!と思いました。 来年以降も回を重ね、市民から愛される夏祭りとして発展していくことを願っています。 

また、保育所の夏祭りも初めての体験でした。 アミダクジという非常にネガティブな手段で見事クラス役員に選ばれ、その余勢を駆って、保護者会副会長(来年、自動的に会長・汗)の座についてしまったのがこの春のこと。  就任早々の役員総会でいきなり議長や進行役を仰せつかりはしましたが(参加人数や、委任状の数が集計されてなく焦った)、新米役員としては今回の夏祭りがほぼ初仕事。  
 朝9時に子供と一緒に保育所に集合すると、他の役員さんは全員女性で、父親は私一人だけ(汗)。 女性陣は既に顔見知りや役員同士で仲良くなっておられる方も多い様で、子供が自分のクラスに合流してからは話相手もおらず(汗)、若干はみごになった気分で始まりました。しかし、いい歳したおっさんが人見知りとか恥ずかしいので(笑)、まあ普通にお手伝いしてきました。  私はスーパーボールすくいコーナーを担当しましたが、予想通り!?おっさんが担当するタライには容易に子供が集まらず(笑)、お母さん方が担当するタライに集結する始末(汗)。 子供たちにスルーされ、恥ずかしい様な悲し様な気持ちを味わいつつも、時々はおっさんのところに集まってくれる優しい子供たちもいて、冗談言いながらそれなりに楽しく過ごさせてもらいました(笑)。  手作りお神輿の練り歩きを補助したり(うちの子、転んでずっと泣いてました)、お昼ごはんの配膳を手伝ったり(カレー美味しかったです)、後始末したりで、なかなか忙しい1日でした。帰宅後、ドッと疲れました。
 保育所での子供の生態は謎に包まれており、一体どんな風に過ごしているのか興味がありましたが、これは役員になって子供と一緒に1日過ごさないと見ることができません。色々と面倒を引き受ける代わりの特権ですね。 食事風景など遠くから見ていると、まあ予想通りと言うか想像以上と言うか・・・超マイペースな性格で一番最後まで一人ダラダラ食事してました・・・先生方、いつもご面倒をおかけして本当に申し訳ございません(汗)。 ま、まあ、他のお母さん方に聞いたところでは、どの子も程度の違いは有っても同じ様な育児の悩みがある様で、うちの子だけが特別ってことでは無い!?様でちょっと安心しました。 また、保育所にいる子供たち全員のお陰で、一人一人の子供が成長しているんだな、とも感じた次第です。 色々な子がいますが、皆いい子たちばかりですね。   運動会とかバス遠足とか・・・次々大仕事が待ち構えていると思うと、不安しかありませんでしたが、夏祭りを一つ経験してみて、まあ何とかなるか(なる様になれ!)という感じで少しは気が楽になったかも知れません。

若いころはそれこそ自分のことだけ考えていれば良かった訳ですが、この歳になると好むと好まざると色々な「お仕事」を引き受けることが増えてきます。甲斐性の無い私は既にアップアップしてる状況ですが、何でも自分から楽しんでやるくらいの気持ちで臨みたいものです。
  1. 2017/08/10(木) 18:20:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

梅雨明け

昨日の19日(水)、関東甲信、東海、近畿、中国地方、四国で「梅雨明けしたとみられる・・・」と発表がありました。
毎年のことかも知れませんが、今年の梅雨も非常に辛い日々でした(汗)。 蒸し暑い割に、雨が少なく。そうかと思えば突然バケツをひっくり返した様な大雨となり・・・。    また、うちでは猛暑の中、自宅のエアコンから水漏れするトラブルが発生し、修理に日数を要し地獄の日々でした(汗)。こちらは熱交換器の不具合が原因で周辺の樹脂パーツが劣化しヒビが入って水漏れしていたそうです。 日本の夏、エアコン無しでは生きていけなくなったんですね(汗)。

更に、悪いことは続くもので、スミ利の店舗でも、設置後まだ2~3年の業務用エアコンから水漏れし、雨漏りの様な状態となりました。 こちらに関しては、エアコンそのものの故障では無く、連日の高温、高湿度による配管の異常な結露が原因だった模様。 実は、うちだけでなく、今年の梅雨シーズンは方々でエアコンのトラブルが頻発したそうです。修理していただいた電気屋さんの事務所のエアコンでも同様のトラブルが発生したそうです(汗)。 やはり今年の梅雨時は特に厳しいものだったのかも知れませんね。

まあ、梅雨が明ければ今度は本格的に容赦の無い猛暑が襲ってくる訳ですが・・・。せめて体の具合を崩さない様に頑張りたいものです。

さて、そんな暑い毎日ですが、スミ利の方はと言いますと、万年筆とかインクとか・・・意外とよく売れております! 万年筆はプラチナさんの動きが活発です。 限定品の#3776センチュリー春暁が順次入荷してきたり、売り切れていた美功18Kスタンダード万年筆が入荷してきたり・・・。また、品薄が続いているクラシックインク(古典インク)シリーズも再入荷しております!

実は、この他にも夏の見本市や展示会で発注した商品が続々入荷予定となっておりますので、是非スミ利に遊びに来て下さい!
  1. 2017/07/20(木) 09:46:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤンマーミュージアム

今回、文具とは全く関係ありません(汗)。

ちょっと前のことになりますが、休みの日に滋賀県長浜市にある、ヤンマーミュージアムに出かけてきました!
農業機械や船舶関係、建設機械などで有名なヤンマーさんの企業博物館。 創業100周年記念事業として、2013年に創業者の生誕地である滋賀県長浜市に建設されたそうです。 前から気になっていましたが、タイミング良く友人に誘われて、今回の訪問となりました。
ヤンマーミュージアム
建物前には、御影石でできたヤン坊とマー坊がお出迎え。懐かしい・・・。
ヤンマーミュージアム内部
館内はとても綺麗で、大人から子供まで楽しめます。 屋上にはビオトープと足湯までありました! 稲の刈り取りから脱穀など全てやってしまうという巨大なインテリジェントコンバイン、カッコ良過ぎるトラクターとして有名!?なYT3シリーズなどが展示されており、農業機械の進歩にただただ関心させられるばかり。 また、ヤンマーのエンジンが多数展示、解説されており、ロータリーエンジンの船外機やチェーンソーが存在していたことを知りました。ロータリーと言えば、マツダの自動車用エンジンしか知らなかったので、勉強になります。

この他、ミニショベルでボールを運ぶ、子供さん向け!?のアトラクションが有ったり、体験型の展示が多数。 流石に恥ずかしくて子供の列に並ぶことはできませんでしたが(汗)、めっちゃやりたかったです(笑)。  実は、プロのオペレーターのトレーニングや研究開発に使用されるという、本格的なシミュレーター(大人用)もあり、こちらを是非ともやりたかったのですが、受付で予約が必要だったことを知らず、今回は時間の問題で断念。 友人共々、事前に調べておけば良かったと後悔。いつかリベンジしたいものです。
ヤンマーミュージアムのお土産
見学の後は、ミュージアムショップでお買い物。これも楽しみの一つ。 ヤン坊マー坊のグッズも多数ありましたが、今回は子供用にトラクターYT3シリーズのミニカー(笑)と、自分用に農業用!?の帽子(超特価で販売されていた)を購入。 ミニカーの値段は妻には内緒ですが(笑)、うちの娘が早速遊んでました(将来、農業女子なのか!?)。 帽子の方は、首の後ろに着脱式の日避けがついており、毎朝自転車で子供を保育所に送る際に活躍中です。

ヤンマーミュージアム、JR長浜駅からも近いので、行ったことが無い方は是非お勧めいたします。
  1. 2017/07/13(木) 16:58:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

びわ湖トライアスロンin近江八幡

昨日、長い期間をかけて準備してきた、第3回びわ湖トライアスロンin近江八幡大会が開催され、無事終了しました。
今大会は、472名の参加者、350名を超えるボランティア及び運営スタッフにより開催され、梅雨時で心配されていた天候にも恵まれ、絶好のトライアスロン日和となりました。 

トライアスロンの運営も3回目ということで、幾分慣れてきた面もありますが、式典関係の仕事は初めての経験で、正直大変苦労しました。 ただ、何か問題が起こった時に、サポートやリカバリーして下さる方々に恵まれ、与えられた仕事を無事終わらせることができました。ようやく肩の荷が下りた気分です。

前年の経験者からアドバイスを受けつつ、進行台本の作成などを行いましたが、いくら綿密に計画、準備したつもりでも、大会当日は何らかの問題発生が避けられないものですね。 当日、現場に行ってみて初めて、台本の細かいミスに気がついたり、有るはずの物が無かったり、居るはずの人が居なかったり・・・(笑)。 そんな中でも、現場で何か問題が起こった際に、不機嫌になったり、犯人捜しをするのではななく、すぐに今できる解決策を探して前向きに行動される方々がおられ、大変勉強になりました。 

私など、予定通りに事が運ばないと、先ず自分のミスじゃないことを確認したくなる様な小っちゃい人間なので、恥ずかしい限りです。 不可抗力が重なり合って問題が発生することも多いので、何か困ったことが起こっても無駄に誰かや自分のせいにするのではなく、落ち着いて次の行動に移れる人間になりたいなー、と激しく思った今大会です。 

今大会は、自分に与えられた仕事しか目に入る余裕が無く、ほぼ一方的に助けてもらうだけの「式典班長」(名ばかり感が半端無い・汗)でしたが、来年はどんな仕事が与えられるか分かりませんが、少しは困っている人をサポートしてあげられる様に頑張りたいものです。
  1. 2017/06/19(月) 16:25:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャンプ当日

5月20日(土)、21日(日)に出かけた壮絶キャンプの内容ですが、こちらも面倒なので箇条書きに(汗)。かなり長くなるので、暇な人だけ読んでください(笑)。

・前夜5月19日(金)、夜逃げの支度といった風情で荷物の積み込みほぼ完了。
・当日5月20日(土)、妻、実家にお出かけ。さらばじゃ。
・子供を連れてスーパーに食料の買い出し。 うちの子、肉嫌いなので魚一択。
・よって本日の夕飯はシシャモに決定。チーズとネギも加えて焼いてみることに。
・シシャモだけでは寂しいけど、普段料理しない人なので売り場で何を見てもインスピレーション働かず。
・野菜炒めでも作るか・・・二人分やしカット野菜でええな。洗わんでええし。
・何故か缶詰(さんまの蒲焼)が気になり、カゴに。
・朝食はトーストに。子供の希望でレーズン入りの小さい食パン、カゴに。
・野菜ジュースでも飲ませるか。カゴに。
・何かもうちょっと欲しいな。カップスープとかどう?
・子供:味噌汁が欲しい。
・はい。インスタント味噌汁カゴに。 その他、油や調味料、ジャガリコなども少々。
・一旦、帰宅。食材を冷蔵庫に保管。
・チェックイン2時からなので、昼ごはん食べてから出発。
・久々に外食でもするか! 初めて吉野家に連れて行く。
・子供、肉が嫌い。牛鮭定食注文。肉は一口も食べない。
・鮭と白ご飯を単品で頼むという手が有ったな・・・。鮭は美味かったらしい。
・再び帰宅。冷蔵庫の食材をクーラーバッグに詰め込み。
・キャンプ場(妹背の里)に向けていざ出発!物凄く暑い。
・午後2時過ぎ受付完了。リヤカーを借りて駐車場から荷物を搬入。
・今日はキャンプ客多いらしい(30~40張り!?)
・早いこと場所、探さな。
・既に良さそうな場所には空きが無く。
・早いこと場所、探さな(焦)。
・子供と二人、リヤカーで彷徨。
・やばいな、どこも先客だらけや(汗)。
・この辺でいいか・・・この辺しかないか。桜の木陰。
・可及的速やかにテント設営開始。
・子供、大型遊具で遊びたそう。
・テント立てて荷物入れるまで我慢してね。
・初テント設営。しかもちょっとデカい。しかも一人。
・予想通り、4歳児では戦力にならず(汗)。
・ま、勝手にどこか走って行かないだけでも戦力としよう。
・テント、無事に一人で立ち上げ成功。なかなかやるな自分。
・子供、飽きてきた。
・近くやったら遊んできてもいいよ。
・せっせと設営。汗だく。もうちょい。
・子供気になる。ちょっと様子見に行く。
・せっせと設営。汗が目に入って痛い。
・子供、トイレ大丈夫か?
・子供:「・・・おしっこ」。
・早よ行こ! まだやで!まだ我慢やで!!
・子供、トイレ、セーフ。 親子で水分補給。
・設営再開。
・子供、おらん!どこ行った?
・子供、発見。そこに居たんか!
・テントほぼ完成。
・リヤカーで残りの荷物を運搬。駐車場、地味に遠い。
・ほっと一息。 汗かいたし、早めに風呂行こか?(受付で半額券もらったし)
・車で、ドラゴンスポーツセンターの採暖室(凄い行政チックな名前やな)へ。要するに銭湯。
・子供、初銭湯。 さっぱり。
・車でキャンプ場に戻る。着いたらアイス食べよ!アイス!
・売店でアイス購入。子供、たい焼アイス。私、白くま。
・バイタル回復。
・晩飯の準備開始。まだ明るいから余裕やな。
・カセットコンロ着火。当然コンロもガスも岩谷産業!びわ湖トライアスロンお世話になります。
・机、椅子などの装備不足で、物凄くやりにくい(汗)。
・えっ!?何、何?なんでこんな急に暗くなるの?
・えっ!?マジでやめて。何も見えへんやん。
・LEDランタン点灯・・・肝心の手元が暗過ぎ、殆ど役に立たず。
・暗過ぎて米の水加減が全く分からん(汗)。
・コップ酒の空き瓶(計量カップ代わり)持ってくるの忘れた(汗)。よって1合炊きの水加減、目分量。
・暗過ぎてシシャモの焼き加減が全く分からん(汗)。
・シシャモ崩壊開始。何で???
・子供:「おとーさん!ご飯まだ?」
・パニック。
・シシャモ、リカバリー失敗。
・シシャモ、再起不能。
・英断。ルックスは捨てることに。どうせ食べたら一緒や。
・シシャモ、箸でぐちゃぐちゃにかき混ぜ。
・「とろけるチーズと刻みネギを!レッツ・ラ・まぜまぜ!キュア スクランブルシシャモ!でっきあがり!」(プリキュア・アラモード風に)
・どや?美味いやろ?最初からこれが作りたかったんや!
・4歳児、「うん。美味しい・・・」
・いい子。ホント、いい子。
・次、野菜炒め! 次、野菜・・・。
・無い!無い無い無い!! カット野菜・・・
・家の冷蔵庫に置いてきた(焦)。
・子供、「白いご飯は?」
・パニック2。
・炊飯、明らかに時間掛かり過ぎ、まだ湯気出てる(1合炊きにしては)。
・くっそ!水加減多過ぎたな・・・(チッ)。
・もう数分、炊き込めばリカバリーできそうやな・・・。
・子供、「白いご飯欲しい!まだー(怒)」
・何でちょっと怒られてるねん?
・パニック3。
・ちょっと待って。ビール飲ませて。プシュ!
・も、もももう。はい!お粥!!出来上がり。
・お父さんも食べよ!作りながら食べよ。フライパンのまま食べよ。
・子供、足らん顔。
・足らんな。やっぱり足らんわな。さんまの缶詰開けよか。
・缶詰、買っといて正解やったな。お父さんにも一切れ残しといてな。
・夕飯、何が美味しかった? さんまやな。蒲焼やな。はい。有難う。ビールもう1本プシュ。
・戦いは終わった感。 ドッと疲れる。
・暗闇の中、洗い物、テント周辺の整理整頓。
・歯磨き&トイレがてらヘッドライト点けて子供と夜のお散歩。
・優雅に夜の食事を楽しむ周囲のキャンパーさん達。
・粗野に夜の食事を摂取した先ほどの我が家。
・特に感想は無い。
・夜9時頃、テントに戻って持参した絵本を2冊ほど読んで本日は早めに就寝。
・子供、「シシャモぐちゃぐちゃやったな」等と言いながらいつの間にか爆睡。
・私、子供のトイレ(おねしょ)と周囲の話し声が気になって寝付けない。
・夜中2時頃、子供に「トイレどうや?」と声をかける。
・子供、既に放水完了。シンピンノシュラフガ、シンピンノシュラフガ・・・
・一先ず体拭いてパジャマ着替えさせ、自分の寝袋と交換して再びオヤスミナサイ。
・タオル、ティッシュ、キッチンペーパー総動員でシュラフの吸水作業。父親してるなー。
・何となく「ま、まあ、こんなもんかな。ハ、ハハ」ということでもうひと眠り。
・寝た様な、寝てない様な・・・。カエル、うるさいな。
・寝た様な、寝てない様な・・・。もうカエル、静かやな。鳥、うるさいな。
・午前5時半頃、「もう、ええか!起きよ」と起床。
・子供もムクムクと起床。トイレがてら子供と朝のお散歩。
・子供、コイの餌を所望(100円也)。
・池のコイに朝ご飯。何でしょうこの優越感。
・人間にも朝ご飯。トースト、カップ味噌汁、野菜ジュース。私はコーヒーも。
・テントの前を歩く人から「パンと味噌汁て」みたいな悲しい目で見られる。
・本人達は意外と満足。清々しい朝食。 
・今日は子供をたっぷり遊ばせる為に、早めにリヤカー借りて撤収開始。
・テントの表面にデッカイ毛虫を複数発見。鳥糞の洗礼も複数。桜の木陰やしなここ。
・これが自然や。アウトドアや。宇宙船地球号や!と自分に言い聞かす。
・テントの内側にゲジゲジ発見。戦慄。一緒に寝てたんやろか(汗)。
・子供、拾ってきたサクランボやタンポポの花でおままごと開始。
・私、大きな独り言でぼやきつつテントの撤収。
・子供、大きな独り言で謎のおままごと料理。変な標準語。
・撤収、ごみ処理、荷物運搬完了。謎のおままごと料理はテイクアウト。
・子供、アスレチック(大型遊具)へ出撃!リードを外した犬の様。
・私:そろそろトイレどうや?
・子供:無視。
・暑い。そして暑い。早くも暑い。
・ちょっと待って!そろそろゼイ、お茶でもゼイ。休まへんか?ゼイ。頼む・・・休ませて。
・お昼の12時。 おなか減る頃。そろそろ帰ろか。
・午後1時過ぎ、コンビニで昼食を購入して無事帰宅。

と、まあ、こんな感じです。食事など、色々と失敗もしましたが、心配していたテントの設営や運搬など、意外と一人でできたな・・・というのが正直な感想です。  今回、子供に「あれ汚い」「これ危ない」などできるだけ言わない様に決めていましたが、そちらもまあ、60点ぐらいはできたかな(まだまだ父親の修行が足りない部分です)。
帰宅後の片付けや洗濯なども大変ではありますが、天気にも恵まれ久しぶりに楽しい週末でした。 子供(娘)が父親に喜んでついて来てくれるのも今の内らしい・・・とは多くの先輩方から聞いています(汗)。精々、楽しめればと思います。
  1. 2017/06/06(火) 14:48:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

FC2Ad