スミ利のブログ

滋賀で文具店を営む藤井のブログ。文具のこと、仕事のこと、趣味のこと・・・色々と書いてます。

ヨシ刈り

2月25日(土)、毎年恒例のヨシ刈りに参加してきました! コクヨ工業滋賀さんが中心となった「ヨシでびわ湖を守るネットワーク」の活動の一環です。 びわ湖周辺で刈り取られるヨシでは、数少ない「使い道」のあるヨシ刈りなんです。 ここで刈り取られたヨシは選別、保管の上、紙の原料の一部として活用され、皆さんご存知の「リエデン・シリーズ」のヨシコピー用紙や、ヨシノートなど、ヨシ文具に生まれ変わって再利用されます。

当日は心配していたお天気もまずまずで、ヨシ刈り日和となりました。 有名企業さんが大勢で参加されておおり、総勢約200名の大規模なヨシ刈りに。毎年の地道な活動により、この辺りのヨシ原をとても良い状態になってきました。 ヨシの1本1本が太くて背も高いのです。 なんだか紙にしてしまうのが勿体ないほど立派なヨシでしたよ(笑)。

実は先日も、商工会議所の活動で別のヨシ刈りに参加してきましたが、こちらは雑草も多く、ヨシが細く弱々しかったです。 こちらは、どちらかと言うと、ヨシ原がこれ以上荒廃するのを防止する為の「草刈り」的な要素が大きい様に思います。実際、草刈り機が多数導入されてました(笑)。 ヨシ刈りせずにヨシ焼きを行っても、上手く燃え広がらず、綺麗に焼けないのだそうです。 ヨシの使い道は特に無い現状ですが、今回は刈り取ったヨシの一部を農地の暗渠の蓋!?として利用されるとのことでした。 少しずつ用途が増えて、ヨシ刈りの効果が出てくれば、こちらのヨシ原も綺麗になってくるのではないでしょうか。

何はともあれ、久々に体を動かして、良い運動になりました。
  1. 2017/02/26(日) 13:01:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

大雪

昨日から各地で大荒れの天気となっておりますが、スミ利のある滋賀県近江八幡市も大雪で大変なことになっております。
本日の降雪は少しマシですが、道路事情が悪く、スミ利でも入荷、出荷が遅れておりますので、何卒ご容赦下さいませ。

下は昨日の写真。 朝、子供を保育所に送っていく為、完全に雪を下してから乗ったのですが、店に戻ってほんの数時間でまたこの状態(汗)。 今回の雪は積もるペースが非常に早く、みるみる内に積もってきました。
20170123大雪
道路も立往生する車が多発して大渋滞したところも有った様です。 実は私も用事でちょっと運転したのですが、道の選択を誤った為・・・うっかり湖岸道路を走行してしまい、大渋滞に巻き込まれました(汗)。
大渋滞
普通に流れていたので、油断していたら突然渋滞。付近に逃げられそうな脇道は無し(汗)。 恐らく前方で大型車が走行不能になったらしく、全く動かない膠着状態となりました。 反対車線も信号の手前で大型トラックが緩い上り坂を発進できず完全停車・・・大渋滞。 これは一晩帰宅できないか???しかもガソリン少ないし・・・(汗)と焦りましたが、車間が詰まって渋滞が前に進んだタイミングで脇に逸れる農道を発見! あまりの積雪に他のドライバーさんは脇道に入るのを諦めて、また渋滞に復帰しておられたのが若干気になりましたが(笑)、思い切って進入! 後はひたすらラッセル車状態で爆走。何とか渋滞の無い道路まで出ることができました。最初はちょっと緊張しましたが、学生時代に雪国で生活していた経験が久々に役に立ちました(笑)。FF車でも何とかなるものです。 他のドライバーさんは一体、あの後どれくらい渋滞にはまっていたのでしょうか。   流れている道路に出てからも、スリップしたり、タイヤが空転して動けなくなるトラックがいたり、道の真ん中に乗り捨てられた車が有ったり(汗)で、大変でしたが、何とか無事に帰宅。

こんな日はあまり無理せず、運転は控えるに限るのですが、仕事だとみんなそうは言ってられないですよね。特にトラックなどのドライバーさんの大変さが改めて分かりました(でもこの時期にノーマルタイヤで滋賀県を通過しようとするのはやめて欲しいですね)。

もう雪は十分堪能したので、これで終わりにして欲しい今日この頃です。
  1. 2017/01/24(火) 10:25:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

本年もよろしくお願いいたします!

今頃になってしまいましたが・・・皆様、新年明けましておめでとうございます。 本年もスミ利文具店をどうぞよろしくお願いいたします。

実は、大晦日あたりから少し体調不良だったのですが、それもまあ疲れのせいだと思っていたら、年明け2日の夕方辺りから少し熱が出まして(胃腸風邪だった様です)、正に「寝正月」となってしまいました(汗)。  スミ利は1月4日(水)から新年の営業開始だったのですが、私だけもう1日休ませてもらいましたので、色々と仕事が溜まって大変でした(汗)。

そんなこんなで、ホームページやブログでの新年のご挨拶もできず、グダグダな新年の迎え方をしてしましたが、お陰で健康の大切さを実感させていただきましたので、今年の自分のテーマとして頑張っていきたいと思っております(笑)。

尚、スミ利には年末、そして年始にかけて、入荷待ちとなっていた万年筆類が続々入荷しております(恐らく、メーカーさんが数字確保する為に、無理やり年末最後の生産&出荷でねじ込んできたんでしょう・汗)。 今、ようやく検品がひと段落したところです。 お客様のお好みにあう最適な万年筆、文具をご提案できます様、頑張りますので、今年もどうぞよろしくお願いいたします。


それから、少し業務連絡(汗)ですが、大人気の「びわこ文具」シリーズに関しまして・・・実は大人気過ぎて!? びわこテンプレートなどの一部商品が昨年末に売り切れてしまいました(ゴメンナサイ)。  只今、入荷待ちとなっており、来週中頃には在庫がドドンと復活する見通しです、どうぞよろしくお願いいたします。
  1. 2017/01/07(土) 16:51:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

19日(水)は、大阪で文具事務用品の見本市、20日(木)は、滋賀県長浜市でびわ湖環境ビジネスメッセを見学してきました。

大阪での見本市は、かなり規模が大きい為、各メーカーさんのブースを回って商談していくのが大変でして、飲まず食わずで歩き回り、かなり疲れてしまいました(汗)。  色々と発注してきたので、また追々ご紹介したいと思います。

環境ビジネスメッセは、ここ数年キャンセルしていたのですが、いつものコクヨ工業滋賀さんに加え、このところ続けて出展されている大阪ドラゴンさん(オフィス家具のメーカーさん)などからもお誘いいただいて、出かけてきました。
正直なところ、コクヨ工業滋賀さんの商品は、当日発売の新製品も既にスミ利の店頭には並んでおりましたので、特に改めて説明を受けるものは無く(笑)、お互い世間話が8割くらいでした(汗)。ただ、商品の陳列方法や別製品の提案など、参考になりました。

今回、収穫が大きかったのが大阪ドラゴンさんのブース。 一般の方はあまりご存知無いかと思いますが、スチール家具メーカーの東京鋼鐵工業(東京ドラゴン)関連の会社で、滋賀県にある工場で、Made in SHIGAのパーテーション(間仕切り)を作っておられます。 ここが最近、力を入れておられる「オーラルソニック」という調音ボードを用いたパーテーションの実物を一度体験してみたかったのです。

通常パネルの空間とオーラルソニックパネルの空間が用意されており、両方を聞く比べることができました。 ビジネスメッセのざわついた会場内でも、オーラルソニックパネルが置かれた空間だけは、とても静かで、目の前にいる人との会話が聞き取りやすく(自分の声も)、非常に快適に感じます。 これは、音が消されて小さくなったというよりは、余計な反射音が低減されている効果によるものだそうです。実際、音の大きさを計測しても、数値的な「静かさ」はそれほど変わらないそうです。 

中で手を叩くと、通常パネルの空間ではビーン、ビーンと鋭く耳に突き刺さる様な反響が返ってきますが、オーラルソニックの空間ではそれが殆ど有りません。 音楽をかけていただきましたが、通常パネルの場合、音が反響して非常に煩く感じますが、オーラルソニックの場合、同じ音量でも気持ちよく音楽を楽しむことができます。 普段、私たちが聞いている音というのは、発せられたそのものだけでなく、壁や床、天井、家具などに反射され「騒音」と化した音も一緒に耳に入っているのです。 会議室や居酒屋(笑)などで発言者の言葉が聞き取り辛いのも、ここに大きな原因があります。  このパネルは、部屋中に施工する必要は無く、パネル状のものを要所、要所に設置するだけで効果を発揮するので、とても経済的なのだそうです。 事務所や会議室、教室、工場、店舗、宴会場、個人宅のリビングなど、様々な空間で利用価値がありそうです。  スミ利でも、今後お客様にご提案してみたいと思いました。

この他、エプソンさんやデュプロさんなどOA関連のメーカーさんを中心に話を聞いて引き上げました。 エプソンさん、デュプロさん共に、手法は違うものの、使用済みのコピー用紙を処理して、新しい紙を作る装置の提案をされていました。 巨大な装置となり、価格もデュプロさんの最新モデルで1000万円くらいするそうですが、大企業の特例子会社などで導入が進んでいるそうです。エプソンさんの装置は、水を使わず電気と結合剤だけで稼働できるそうで、年末あたりに正式に発表される予定とのこと。 機密文書の処理を外注せずに自社で行えることにもなり、エコへの取り組みとあわせて、銀行さんなどで導入が進むかも知れません。



さて、話は急に変わりますが、明日、明後日と所用により、私が不在となりますので、メール等でのお問合せに対するお返事が少々遅れる場合がございますので、何卒ご容赦くださいませ。  明日、22日(土)は子供の保育所のバス遠足でして(汗)、私もお休みいただいて参加してきます。 23日(日)はスミ利の近所でイベントがありまして、商工会議所の関係でそちらの応援に行かねばなりません。 ご迷惑をおかけしますが、両日共に、店舗は営業しておりますので、何卒よろしくお願いいたします。
  1. 2016/10/21(金) 10:42:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カヌーと和船に乗ってヨシ原観察

本日は、ヨシでびわ湖を守るネットワーク主催による、西の湖での「カヌーと和船に乗ってヨシ原観察」に参加してきました!

ヨシでびわ湖を守るネットワークは、株式会社コクヨ工業滋賀が中心となって、様々な企業が集まって、ヨシ刈りボランティアなどを行っている組織!?です。 スミ利としては、冬のヨシ刈りや春の外来魚駆除釣りイベントには参加しておりましたが、カヌー体験は初めてで、とても貴重な体験となりました。

朝9時の集合時、既に暑くて死にそうな本日の滋賀県近江八幡市安土町地先(B&G海洋センター)。 着替えの後、先ずは座学にて約20名の参加者の方々とカヌー、救命胴衣、服装などに関するレクチャーを受け、外に出て今度は入念なストレッチとオールのレクチャー。 その後、いよいよ入水です!
カヌー体験

カヌー体験
二人一組となって、いざ出発。 湖面は意外とさわやかな風があり、時折オールが跳ね上げる水しぶきが気持ち良いのですが、何しろ猛烈な日差しの為、頑張って漕ぐとすぐに汗が滲みます。

カヌーでヨシ原観察
乗り込んだカヌーは初心者向けに安定性重視となっているそうで、船底がフラットな為、二人の息を合わさないとすぐに回転してしまいます(笑)。また、スピードも出にくい構造の為、前後どちらかが漕ぐのをやめるとすぐに減速。お陰でサボれません(笑)。

しかし、冬場に自分たちがヨシ刈りを行っているエリアを湖側から観察することができ、迷路の様に入り組んだヨシ原へも漕ぎ入れ、独特の美しい景観を満喫することができました。 個人的にはもうちょっとゆっくりカヌーでヨシ原を漕ぎまわりたかったですが、強烈な日差しと暑さで、皆さん早く帰りたかったのか!?(笑)、割とハイペースでコース上を往復して帰ってきました。

この後、和船に乗り込み(今度は船外機付きの屋形船)、1時間ほど船頭さんによる西の湖の歴史、淡水真珠の現状、ヨシ原の現状、権座(浮島にある田んぼ)などのお話しを聞きながらお弁当をいただきました。 船頭さんの歯に衣着せぬ率直なご意見に、今後のヨシ刈りやネットワーク活動の課題などを感じることができ、なかなか有意義な時間となりました。流石にこちらは屋根付きで風も気持ちよく、食後にヨシ入りアイス(ジェラート)をいただき、とても楽しい一日となりました。

今回、初めて参加しましたが、カヌーはとても楽しいですね! 猛烈な暑さと紫外線への対策は必要ですが、また来年も機会が有れば参加してみたいと思いました。
  1. 2016/08/06(土) 17:53:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad