FC2ブログ

スミ利のブログ

滋賀で文具店を営む藤井のブログ。文具のこと、仕事のこと、趣味のこと・・・色々と書いてます。

パイロットの展示会

先日、いつもお世話になっているお客様から凄いプレゼントをいただいてしまいました!
きまじめ姫と文房具王子  きまじめ姫と文房具王子 サイン スミ利文具店
藤原嗚呼子先生の大人気漫画「きまじめ姫と文房具王子」の最新巻(3巻)です!  しかも、なんと!作者の藤原嗚呼子先生のサイン入り!! お客様が、とあるイベント会場でわざわざ並んで買ってきて下さったそうです。これは涙ものです!  実は、「こんな面白い漫画があるよ!」ということで、第1巻の時も同じくサイン入りをプレゼントしていただいていたのです。 ろくにお返しもせず(汗)…本当に有難うございました!! 何かお礼しなければですね(汗)。

上の写真、同じ3巻が2冊写ってますが・・・サイン入りの方は当然「保管用」(笑)ということで、昨日大阪に出かけたついでに、「読む用」を追加で1冊買ってきました!(元々、自分でも買うつもりだったのですが、貴重なサイン入りをいただいたので。 うちは、小1の娘も読みたがるので、これは当然の防衛策でしょう・笑)

お客様のお話しによると、作者の藤原嗚呼子さんは、スミ利のことをご存知いただいているそうで、なんか凄く嬉しいです!(つまらない文具屋なのでお恥ずかしい限りですが)  

実は、下の子(1歳児)も家の中をウロチョロしているので、まだじっくり読めていないのですが、今回は書道の墨が取り上げられており(うちも書道用品やっているので)、楽しみが増えました! 文具好き(じゃなくても)なら、買って損は無い面白い(しかも為になる・笑)漫画です! 是非、皆様も読んでみてくださいね! 


さてさて、何で大阪に出かけていたかと言いますと・・・遊びに行った訳ではありません(たぶん)。
実は、パイロット社の展示会に出かけてきました!
昨年2018年の展示会では、目前に迫ったパイロット社創立100周年記念の限定万年筆などの情報収集で必死になっておりましたが(汗)、今年は「あれ!?もう1年経ったの!」みたいな感じで、まったりした雰囲気で参加(笑)。

万年筆、高級筆記具ファンとしてもいくつか収穫がありました!
先ず、あのカスタム845に待望の朱漆タイプが追加されます! カスタム・ウルシで一足先に実現していた朱漆モデルですが、100周年の混乱がひと段落したこともあり、ようやく実現となった模様。 これを機に845のパッケージが桐箱タイプに切り替わるそうですが、従来の漆黒タイプは、まだ在庫の関係もあり、当分は従来パッケージで出荷されるとのことでした。

それから、キャップレス万年筆にラグジュアリーモデル「キャップレスLS」が追加されます! お値段は1本35,000円+税となりますが、操作感にこだわった、新しいペン先出没システムを採用。 繰り出し時は従来通りノック式ですが、収納時はノブをちょっと回転させてやるとスーっと静かに滑らかにペン先が収納されます! パイロットの担当さんは「高級車のドアの開閉のタッチを・・・」などとおっしゃっておられましたが、高級車に縁の無い私にはピンと来ず(笑)、「システムキッチンとかの、ソフトクローザーみたいな感覚」と聞いて納得しました!(笑) LSという文字には、ラグジュアリーの他、サイレント、スムース、スタイリッシュなどの意味合いが込められているとか。  因みに、繰り出し時のノック音も静かで上品な感じです。  ペン先はFとMの2種類のみですが、軸色は精悍なブラックマットの他、ラグジュアリーブラック、ラグジュアリーブルー、ラグジュアリーパープルの4色。 ラグジュアリー~の3色は上品な中にキラキラ感が素晴らしい塗装になっており、軸中央のリングパーツは細かい斜めのラインが一周に50本(だったかな?)施されたデザイン性の高いものを採用!開発にはパイロットの宝飾品部門に協力を仰いだそうで、まんま指輪の製造技術で作られています。 実際、この日の展示会では、パイロットの宝飾品部門も出展されていました。 宝飾品部門は、パイロットの展示会で初参加と紹介されてましたが、実際には15年くらい前だったか???に出ておられたことあります(その時に薦められた私が、後年結婚指輪買っているので確かです・笑)若いパイロット社員は知らないらしい・・・私も年取ったものです(汗)。  そんな話はさておき、気になるキャップレスLSは12月発売予定。ちょっとお値段がお高くなりますが、かなりお薦め品です!

続きまして、高級ボールペンのタイムラインに新シリーズが! 軸はブラックのみですが、グリップ部分にマーブル模様の樹脂を採用したものが5色追加されます! 「自然が与えてくれる永久的な力をイメージ」した(笑)5色展開になっているそうで、それぞれにちょっと凝った名前がついてましたが(失念)、ブラウン、オレンジ(レッド?)、ブルー、グリーン、ブラックみたいな5色です。 お値段は1本5,000円+税。 近頃、パイロットさんの高級ボールペンで5000円クラスはちょっとモデルが少なく、勢いが感じられなかったので、これで久々に巻き返しを図る印象です。 これは売れそうな予感です!! こちらも12月発売予定。

そして、高級ボールペンでは、もう一つ新ブランド「RAIZ(ライズ)」が追加されます!
軸色(仕上げ)により、10,000円、12,000円、15,000円の3種類のグレードがありますが、共通して頭冠回転繰り出し式をしあ様しているのが特徴です。 つまり、ペン先の出没がノック式ではなく、回転式なのですが、その回転操作を行うのが、通常よくある軸を捻るタイプではなく、頭冠(ペン先と反対側の先端)を指で回して操作します。 これにより、回転繰り出し式ながら、片手で簡単に操作できるのが特徴。 ご自身用としては勿論、ご贈答用にも自信を持ってお薦めできる1本です。 この価格帯の高級ボールペンは、パーカーなどの舶来ブランドが強くて、日本メーカーはちょっと弱い気がしますので、このRAIZで盛り上がってくれればと思います。 個人的には、性能面だけでなく、一目でパイロットと分かるブランド力を持った商品構築を期待です!

この他、高級筆記具以外の筆記具や、文具にも期待の新製品が続々投入されます。そちらの方もまたご紹介できればと思います。  何か気になる商品がございましたら、是非スミ利にお問合せ下さいね!

そうそう! 期待の限定万年筆、キャップレス・デシモ20カラーズですが、いよいよ10月から第1回目の5色が出荷される見通しです!(展示会場にも出てました)  まだ詳しい出荷日までは分かっていませんが、スミ利に入荷したら改めてご紹介したいと思います。 改めて(久々に)現物を見ましたが、やはりどの色も凄く良い感じに仕上がっていました!是非お楽しみに!!

  1. 2019/09/19(木) 13:41:32|
  2. 文具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

進化した消せるボールペン!

パイロットさんの消せるボールペン、フリクションシリーズに、お薦めの新製品が登場です!
フリクションポイントノック04 新発売! スミ利文具店  パイロット フリクションポイントノック04 スミ利文具店
フリクションポイントノック04(定価\250+税)です!  既にお馴染みのフリクションボールノック(定価\230+税)をベースに大幅にパワーアップした製品!  通常のフリクションボールノックから僅か20円のアップで、筆記バランスに優れた金属製の口金と、使いやすい金属製クリップを採用! ボディにはロゴがキラリと光る蒸着転写仕上げで高級感もアップしています。
更に!最大の特徴が、0.4mmの超極細ながら滑らかに書ける「シナジーチップ」を搭載したペン先です!

パイロット フリクションポイントノック04 スミ利文具店  フリクションポイントノック04のペン先(シナジーチップ搭載)
このシナジーチップというのは、パイロットさんの極細ゲルインキボールペン「ジュースアップ」に採用されて大好評となっている技術!   書き出し時のインク出が良く、丈夫さが特徴のコーンチップ(油性ボールペンなど、幅広く採用)と、極細ボールペンに最適な精密さと書き味の滑らかさが特徴のパイプチップ(ハイテックCなど極細ボールペンに採用)のそれぞれ、長所を掛け合わせて作ったのが「シナジーチップ」。正に相乗効果で生まれたペン先です!

極細なのに書き始めから書き終わりまで滑らかな書き味で大好評となっている「ジュースアップ」(消せないボールペンです・笑)の書き味と、フリクションの消せる便利さを融合させたのが、このフリクションポイントノック04と言う訳です!

実際に書いてみると、0.4mmの極細ながら、はっきりした濃い筆跡と滑らかな書き味! 消せるボールペン「フリクション・シリーズ」が初めて出た当初を知る者からすると、昨今のフリクション(消せるボールペン)は本当に進化したなー!と感心させられます。 インキ色も8色用意されており、手帳やノートに大活躍です! 単色販売の他、3色セット、8色セット、替芯もございます!

お手頃価格ながら、ボディのデザインもスタイリッシュ! 仕事や勉強が捗る1本として是非お薦めです! スミ利でお買い求め下さいませ!! 

  1. 2019/09/02(月) 15:54:10|
  2. 文具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホルベインの色鉛筆ポーチ

ホルベインさんの色鉛筆ポーチがスミ利に入荷しました!
ホルベイン 色鉛筆ポーチ スミ利文具店  ホルベイン 色鉛筆ポーチ スミ利文具店

ホルベイン 色鉛筆ポーチ スミ利文具店  ホルベイン色鉛筆ポーチ スミ利文具店
色鉛筆は金属製のケースに入れて販売されていることが多いですが、野外スケッチなど持ち運びにはちょっと不便・・・。それに、家での保管時も意外と置き場所や、置き方に工夫が必要・・・との声も。  そんな意見を取り入れて、トンボ鉛筆さんから布製のロールケース入り色鉛筆が発売され、スミ利でも大変人気となっていました。

もっと、色鉛筆や鉛筆を便利に持ち運べるアイテムが欲しいな・・・と思っていたところ、ホルベイン画材さんから発売されたのが、こちらの色鉛筆ポーチです!

三面フォルダーになっており、色鉛筆が合計36本収納可能! 短くなった鉛筆も収納できる様に、固定用のゴムバンドが上下2段構造になっているのもポイント! 短い鉛筆なら、上下に分けて収納すれば最大72本(色)まで収納できます。 シャープナーやペン類も収納できるメッシュポケットも付いており、本当に便利です!

ホルベイン 色鉛筆ポーチ スミ利  ホルベイン 色鉛筆ポーチ スミ利文具店  ホルベイン 色鉛筆ポーチ 収納例 スミ利

それから、この色鉛筆ポーチは、実用性だけでなく、デザインも洒落ていてお薦めですよ! カラーは、シックなブラック、マリンネイビーもありますが、今回スミ利では、布の風合いが面白くて洒落ているビスケットブラウンと、チョコミントを仕入れてみました!! 展示会で実物を見た時から凄く気に入ってしまって(笑)。 ブラック、マリンネイビーもお取り寄せできますので、よろしくお願いいたします!

実は、子供が小学校に入学して、鉛筆をよく使う様になったのに影響されて(笑)、私自身も鉛筆熱が高まっておりまして(汗)。 大人になるとあまり使わなくなる鉛筆ですが、改めて使ってみるとこれが、案外書き味も実用性も素晴らしい!  勿論、万年筆やボールペンもそれぞれ好きでこだわってますが、最近鞄の中に放り込むペンケースには、銘柄違いや、硬度違いの鉛筆が6本、赤鉛筆1本、、ビックのボールペン1本、寺西さんのラッションペン黒、赤などが入っています。 手帳にはパーカーのジョッターや、ラミーのロゴなどのボールペンを携帯することが多いのですが、手帳用にも鉛筆が優れものだぞ!と気づき始めた今日この頃です(笑)。  もっと便利に収納できるアイテムは無いかな?と思っていたところ・・・このホルベインさんの色鉛筆ケースが発売されました!(今年の5月頃だったと思います)

お値段は1個\3,700+税となります。 画材メーカーのホルベインさんが出されただけあって、色鉛筆のホールド感や、実用性も抜群で、デザインもお洒落です。 野外スケッチや旅行のお供に色鉛筆を携帯されるお客様には勿論ですが、私の様に生活の中に鉛筆をバシバシ取り入れてみたい人にもお薦めの逸品ですよ!  是非、スミ利にご相談下さいませ!!
  1. 2019/08/31(土) 16:11:14|
  2. 文具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

気になる軽減税率対応

8月も残り1週間となりました。 猛暑で外に出かける気力も無かった8月ですが、8月4日の定休日に、上の子(小1)と二人で奈良に遊びに行ってきました!  奈良の大仏を見て、鹿に追いかけられ、奈良国立博物館を見学して帰ってきました。 朝から殺人的な暑さでしたが、久々のお出かけで楽しく過ごしました(運転、疲れましたが)。

ところで、子供にせがまれて鹿せんべいを買ったのですが、直後から鹿の大群に取り囲まれ(汗)、服を引っ張られたり、噛みつかれたり(泣)。おっさんのくせに、悲鳴を上げながら娘と二人で逃げてしまいました(汗)。噛まれると結構、痛い。  昔、小学校の修学旅行で奈良に行った時は、鹿の頭上に鹿せんべいをかざすと、律義に鹿がお辞儀してから食べていました(絶対お辞儀させてから与える様に教わりました)、今はそんな儀式はどこへやら。 お辞儀させようにも、受け取った鹿せんべいの封を切る間も無く、いきなり、服を引っ張ったり、噛みついたりして、脅迫してきます(汗)。 奈良の鹿はれっきとした野生動物。可及的速やかに食料を得る為、限りなく合理的な手段を追求した結果なのでしょう(泣)。

奈良の文具メーカーさんや、奈良の知り合いの方々に「この前、奈良公園に遊びに行って、鹿に噛まれましたよ」と言うと、必ず「あー、そうでしたか。 時々悪いヤツもいるんですよ。ホントすみませんでした。今度、ちゃんと言っておきますね」などと返されます(笑)。 鹿にちゃんと言っておくって・・・(笑)。奈良の方々の中ではもはやギャグの鉄板ネタになっている様です。

さてさて、スミ利では、お盆明けくらいから、軽減税率関連のお問合せが急増しています。 主にはお店をされている方々からのレジの軽減税率対応がらみです。  商売でレジを導入されている皆様、軽減税率対応はどんな感じでしょうか?  今回、増税するのしないので、色々と揉めていたこともあり、世の中全体の増税対策の機運が遅れている気がします(私自身もそうですが・汗)。10月1日から増税、特に食品等に軽減税率が適用され2種類の税率で商売する点について、これまでに経験が無い為、まだまだピンときていないお店が多い様に思います(実際、軽減税率の対象になる商品を扱っているけど、自店での対応をどうするか、まだ考えられていない・・・というお店、意外と多いです)。

実はこれ、凄く大変です。 新しい(対応済みの)レジを買ってもらうにも、既に6月頃からどこのメーカーさんも品薄&欠品で、7月以降は、販売店、問屋さん含め入荷待ちで受注残が積みあがっている状態。 今からだと、どうにも10月1日の増税に間に合わないところが出てきそうなのです。   既存レジの設定変更等、改修についても何かと複雑で大変です。  全国的にも対応できるお店や技術者が不足しているのではないでしょうか? そして、やってみると分かりますが、レジの設定変更は、手順書通りに行っても何かしらエラーやトラブルが発生することが多いのです(そもそも、メーカーさんからの手順書に誤りがあることも・・・汗)。 増税直後は、全国的にかなりゴタゴタしそうで、今から怖いです。  正直、うちからレジを販売させていただいたお店や、知り合いのお店が最優先(それすら、差し迫ってからご相談受けても、間に合わないのが実情です・汗)。 レジの新規導入や大掛かりな設定変更は、お店の営業時間中にする訳にもいかず・・・しかも、事前の設定予約だけでなく、10月1日の当日に作業が必要な設定や、動作確認もあるので・・・販売店も一度に複数のお客様に対応できない事情があります。  

そういった動きを見越してか!?シヤチハタさんからは、見積書や納品書、店頭のプライスカードなどなど・・・、何かとハンコで急場をしのいでもらおうと!?軽減税率関係の様々なハンコが準備されています。 こちらの方は今からでもスミ利でバンバン取り扱っていますので、気になる方は是非ご相談下さい(笑)。

キャッシュレス化の対応に頭を悩まされているお得意先もおられます。 商売するのもなかなか大変な時代ですね。 
  1. 2019/08/25(日) 15:04:55|
  2. 文具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

営業日について

先日、8月6日(火)は、大阪で開催された文紙メッセ2019に出かけてきました! 当初は、文具店などの業者向けの商談会をメインに、一般ユーザーにも開放していたものが、いつの頃からか、一般ユーザーさんメインの文具イベントに変貌し、来場者も急増しています。 世の中にこんなに文具好きの方々がいるのかと驚いてしまいます(笑)。イベントだけじゃなく、町の文具店さんでも何卒ご購入のほどよろしくお願いいたします(全国の文具店を勝手に代表してお願いしておきます・笑)。

さて、ご案内が遅れて失礼しました(つい、忘れていました・汗)。 お盆期間中のスミ利の営業日ですが、平常通りの営業となります!  第3日曜日となる8月18日(日)は定休日の為、お休みいただきますが、その他は営業しております。 毎日、地獄の様な暑さですが、よろしくお願いいたします!

  1. 2019/08/11(日) 18:26:48|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ